So-net無料ブログ作成
検索選択
安心安全メール ブログトップ

【3/23付け】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール:デュッセルドルフ市内で強盗致傷事件 [安心安全メール]

デュッセルドルフ市内で強盗事件が発生した模様です。

犯人はまだ逃走中との事で戸締りや外出時は気を付けたいですね。

メールの一部を抜粋します。



スポンサードリンク








------------------------------------------------------------------------------------------

3月17日(木)夕方、デュッセルドルフ市内で、2人組の犯人がアパートに押し入り、家人の女性に暴行を加えて縛り上げた上、金品を奪う強盗致傷事件が発生しました。

犯人は現在も逃走中で、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。

お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察刑事捜査32局(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

今回の事案概要は以下のとおりです。

3月17日午後6時25分、デュッセルドルフ市Unterbach(デュッセルドルフ中央駅東方約10km)で、Gerresheimer Landstrasse/Dellestrasse/Vennstrasseの三叉路にある住宅を男2人組が訪れ、
居住者である54歳の女性がドアを開けた隙に中に侵入し、女性をアパートの室内に押し込んだ後、
押し倒して縛り上げた。

犯人は部屋を物色して貴重品を盗んだ後、女性の自動車も盗もうと試みたが、これは未遂に終わった。

付近の住民が、たまたま犯行を目撃したため110番通報し、現場に駆けつけた警察官によって女性は救助された。

女性は、犯人に襲われた際に負傷しており、病院で手当てを受けた。

犯人はいずれかに逃走しており、警察は現在も捜査中である。

犯人の男2人は、年齢30歳位で身長は180から185センチ、頭髪は黒色短髪。

二人とも黒色ジャケットとズボンを着用し、白色ソールの黒い靴を履いていた。

犯人の一人はオレンジ色のフードが目立っていた。

犯人は大型の青色スポーツバッグを所持し、犯行中はお互いにポーランド語とみられる
東欧の言語で会話していた。


《誘拐、テロ等の不測の事態に巻き込まれないために》
○日頃から危機管理意識を持ち、外務省の海外安全情報や報道等により、最新の治安情勢を把握するよう努める。
○特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設、欧米関連施設、公共交通機関、観光施設、デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意する。
○他国への渡航前には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておく。
○3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
http://www.dus.emb-japan.go.jp/profile/japanisch/j_konsular/j1_zairyutodoke.htm
○3か月未満の旅行や出張などの際にも安全に関する情報を随時受けとれるよう、「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#" target="_blank">https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)


------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサードリンク










ランキング 参加中★ 宜しくお願いします(^^)/
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村

nice!(0) 
共通テーマ:旅行

【3/18付け】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール:デュッセルドルフ市中心部で車上狙い [安心安全メール]

デュッセルドルフのKönigsallee (ケーニッヒスアレー/ブランド店が多く並ぶ通り)で事件が発生した模様です。


自身の防犯対策もしっかりしたいですね(;´・ω・)


メールを一部抜粋します。



スポンサードリンク








------------------------------------------------------------------------------------------


3月15日(火)午前11時過ぎ、デュッセルドルフ市Koenigsalleeで、
駐車車両を発進させようとした57歳女性が、
見知らぬ男に「タイヤがパンクしている」と身振り手振りで車外に誘い出されて体を押さえつけられた上、
車内にあった多額の現金を奪われる事件が発生しました。

市中心部では、犯人が運転手に「車の下にペットが巻き込まれた」、「タイヤがパンクしている」、
「車体後部が破損している」などと声をかけて車外に連れ出し、
この隙に共犯者が車内の所持品を盗む手口の窃盗事件が発生しています。

-車内では所持品を目の届く場所に置く
-車両を離れる際は、短時間でも施錠して窓を閉める
-貴重品や積載物は車外から見えないように工夫する
-見知らぬ人から声を掛けられた時は、警戒心を持って対応する

など防犯対策を徹底して下さい。

なお、事件についてお心当たりの方は、
デュッセルドルフ市警察(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

今回の事案概要は以下のとおりです。

3月15日午前11時過ぎ、デュッセルドルフ市Koenigsalleeで、同市在住の57歳女性が、
自家用車(BMW社製SUV)を金融機関の向かいに駐車し、現金を引き落とした後、
再び車に乗り込み、助手席にかばんと現金を置いた。

この時、見知らぬ男が身振り手振りで車両の発進を妨げた。

女性は、この男の身振りからタイヤがパンクしていることを伝えようとしていると判断したため、
車から降りて左の後輪に目を向けた際、体を押されてバランスを崩し、膝から転倒した。

この男は女性が起き上がれないように背中を押しつけた後、いずれかの方向に逃走した。

被害者の女性は、タイヤには実際に釘が刺さっており、
男の共犯者によって女性のバックから数千ユーロの現金が盗み取られていることに気がついた。

被害者を押さえつけた犯人は、30代半ばで身長約160cmの小柄な体格で、
大部分が灰色の無精ひげを生やし、黒っぽい色のツイードジャケットを着用し、
歯には緑色の矯正器具が付けられていた。





スポンサードリンク













★ランキング 参加中★ 宜しくお願いします(^^)/
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

【3/4付】デュッセルドルフ総領事館からの安全安心メール:デュッセルドルフ市中心部で持凶器強盗事件 [安心安全メール]

事件の起こったBismarckstrasseは中央駅からすぐ近く、和食屋さんもあり、


観光客も歩くことはあると思います。





※赤いピンが示しているのは事件の起こった該当場所ではなく、
 Bismarckstrasseがこの辺りという意味合いです。



スポンサードリンク









中心部でもこういう事件が起こるので、日常生活も注意しないとですね!



一部抜粋します。


------------------------------------------------------------------------------------------

2月29日(月)午後7時25分頃、デュッセルドルフ市中心部で、通行中の28歳の女性をナイフで脅して金品を奪う持凶器強盗事件が発生し、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。

お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

今回の事案概要は以下のとおりです。

2月29日午後7時25分頃、デュッセルドルフ市Bismarckstrasseで、アーヘン市在住の28歳の女性がSteinstrasse方向に歩いていたところ、突然現れた男にナイフで脅され、ハンドバッグを奪われた。

犯人はいずれかの方向に逃走し、現在も犯人の特定には至っていない。被害者の女性にケガはなかったものの、奪われたバッグには多額の現金等が入っており、3月1日に被害申告をしたもの。

犯人は、身長180センチ位、南欧系の外見で、頭髪は黒色、犯行時は黒色の衣服を着用していた。

------------------------------------------------------------------------------------------



スポンサードリンク










★ランキング 参加中★ 宜しくお願いします(^^)/
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

【3/1付】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール:デュッセルドルフ市インマーマン通りで強盗致傷事件 [安心安全メール]

また日本人の多く働いているインマーマン通りで事件があった模様です。


一部抜粋します。



スポンサードリンク









------------------------------------------------------------------------------------------

2月25日(木)午後9時15分頃、デュッセルドルフ市インマーマン通りで、22歳の男性が犯人に顔面を殴られて負傷した上、携帯電話を奪われる強盗致傷事件が発生し、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。

お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

今回の事案概要は以下のとおりです。

2月25日午後9時15分頃、デュッセルドルフ市インマーマン通りで、22歳の男性が、突然見知らぬ男に顔面を殴られて、ズボンのポケットから携帯電話を奪われた。

犯人の男は共犯とみられる男に携帯電話を渡した後、二人でいずれかの方向に逃走した。

警察は現在も犯人の行方を追っている。

被害者を殴った犯人は、身長170センチ位で、頬には目立つ傷があり、黒色ジャケットと黒色ジーパンに黒色帽子を着用していた。

共犯者は身長185センチ位で、黒色短髪、ジーパンを着用し、犯行時にビニール袋を所持していた。

------------------------------------------------------------------------------------------


気を付けたいですね。。





スポンサードリンク








nice!(2) 
共通テーマ:旅行

【2/26付け】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール:デュッセルドルフ市内で錯乱した薬物中毒者による傷害事件 [安心安全メール]

一部抜粋します。

不審な人がいた場合は近づかない様に気を付けたいですね。。



スポンサードリンク









------------------------------------------------------------------------------------------

2月24日(水)午前2時45分頃、デュッセルドルフ市内で、薬物中毒の24歳男性が、他の男性をナイフで襲って重傷を負わせて警察に逮捕される事案が発生しました。

当地では薬物犯罪が増加しています。普段から付近の状況や挙動不審者の有無に注意するなど安全対策を徹底して下さい。

今回の事案概要は以下のとおりです。

2月24日午前2時40分頃、警察が「人が暴れている」との通報を受けて、デュッセルドルフ市Derendorf地区Merziger Strasseに臨場したところ、ナイフとフライパンを所持した錯乱状態の男が住宅の玄関で暴れていた。

警察は、催涙スプレーで男を制圧して逮捕するとともに、同人にナイフで刺されて重傷を負った46歳男性を発見して病院に搬送した。

被害者は手術を受けて治療中であるが、同人についても薬物使用の容疑で現在捜査を行っている。

犯人は、自宅アパートで薬物を使用して錯乱状態となり、同じアパートの複数の部屋にドアを蹴破って侵入して暴れるなどしたが、幸い負傷者はなかった。

妄想の症状がある犯人は、医師の判断で精神病院に収容されている。


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク









nice!(1) 
共通テーマ:旅行

【2/16付】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール「インマーマン通りで強致傷事件」 [安心安全メール]

リトル・東京と呼ばれるデュッセルドルフのインマーマン通りで強致傷事件があった模様です。

インマーマン通りは和食のお店や日本食品店など日本人が多く集まるところです。


あまりにも日本人が多くいるのでここは日本じゃないかと勘違いしがちになりそうですが、
事件が発生した時間帯も夕方という事で、きちんと気を付けたいと思います。


メールを一部抜粋します。



スポンサードリンク










------------------------------------------------------------------------------------------

安全安心メール:デュッセルドルフ市インマーマン通りで強盗致傷



2月11日(木)午後5時35分頃、デュッセルドルフ市インマーマン通りで、20歳の女性が男に首を絞められて携帯電話を奪われる強盗致傷事件が発生し、警察が北アフリカ出身の24歳男性を逮捕しました。

デュッセルドルフ市内では引き続き路上強盗が相次いでいます。外出時は、周囲の状況に十分注意するほか、夜間や人気のない場所では一人歩きを避けるなど自己防衛対策を徹底して下さい。

今回の事案概要は以下のとおりです。

2月11日午後5時35分頃、デュッセルドルフ市インマーマン通りで、通行中の20歳の女性が、突然見知らぬ男に首を絞められた。

女性が叫び声を上げると、犯人はさらに手に力を込めた後、女性を地面に突き飛ばして軽傷を負わせた。

犯人は女性の手から携帯電話を奪って逃走したが、被害者の叫び声を聞いた22歳と23歳の男性が犯人を追跡して、Konrad-Adenauer-Platzで追いついて犯人の身柄を警察に引き渡した。

犯人は逃走中に女性の携帯電話を投げ捨てたが、別の目撃者によって保管されていた。

犯人は北アフリカ出身の24歳男性で、ドイツ国内には住所を持っていない。


------------------------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク








nice!(0) 
共通テーマ:旅行

【2/12付け】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール② [安心安全メール]


市内の銀行強盗事件のお知らせです。


一部抜粋します。


スポンサードリンク









------------------------------------------------------------------------------------------


2月10日(水)、デュッセルドルフ市内で、銃器で武装した男が銀行に押し入り、現金数千ユーロを強奪する銀行強盗事件が発生し、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。
お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

今回の事案概要は以下のとおりです。
2月10日午後4時52分、デュッセルドルフ市Brunnenstrasse(Dusseldorf-Bilk駅南側)の銀行に、銃器を持った男が押し入り、現金払い出し係の女性を脅して現金を渡すよう要求した。犯人の男は女性から現金数千ユーロを奪い、徒歩でいずれかに逃走した。警察は現在も犯人の行方を追っている。
犯人は年齢30~40歳位で身長約180cm、全て黒色の服を着用し、黒い銃器を所持しており、ビニール袋に現金を入れて運び去った。

------------------------------------------------------------------------------------------


ご注意ください。



スポンサードリンク










nice!(0) 
共通テーマ:旅行

【2/12付け】デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール [安心安全メール]

市内で起きた強盗事件のお知らせです。


一部抜粋します。



スポンサードリンク









------------------------------------------------------------------------------------------

2月11日(木)午後2時50分、デュッセルドルフ市内の路上で、73歳の女性が突然男に殴られた上、ハンドバッグを奪われて重傷を負う強盗致傷事件が発生し、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。
お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

今回の事案概要は以下のとおりです。
2月11日午後2時50分、デュッセルドルフ市Unterrath地区(デュッセルドルフ空港南側)Hamborner Strasseで、73歳の女性が通行中、見知らぬ男に突然襲われて数発殴られ、ハンドバックを奪われた。
近くを通りかかった女性が被害者を発見して、警察と救急車を手配した。被害者は重傷を負っており、警察はいまだ事件の詳細を把握できていない。

犯人の男は年齢35~45歳位、身長175~185cm位の南欧風の外見で、無精ひげを生やし、茶色の髪を真ん中で分けており、ベージュの上着と灰色ジーンズを着用していた。また犯人は現場からKalkumer Strasse(西方向)に逃走したが、目撃者によれば犯人の歩行には障害や何らかの制限がある印象を受けた。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


ご注意ください。



スポンサードリンク








nice!(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツのカーニバルの注意点 [安心安全メール]

今日からカーニバルが開催されます[グッド(上向き矢印)]


カーニバルは毎年2月の木曜日に始まり(つまり今日!)、
翌週の水曜日(2月10日)まで続きます。



スポンサードリンク










この近くではドイツ三大カーニバルの一つケルンのカーニバルがとても有名ですが、
デュッセルドルフもケルン・マインツと並んで三大カーニバルの一つに数えられます。



さて本日2/4の11時11分にスタートするこのカーニバル。



今日は女性のカーニバルの日という事で女性が男性のネクタイをはさみで切ったり、
キスしたりできる女性無礼講の日なのです(笑)。



なので、何もしらず会社に行くとハサミを持った女性にネクタイを切られてもしょうがない日なので、
男性の方ご注意を(;´∀`)


なので皆この日の為に安いネクタイやいらない古いネクタイをして行ったりしますね~。



カーニバルのクライマックスは「バラの月曜日」(2/8)。



仮装した人々によるパレードはかなり圧巻です!!



デュッセルドルフもケルンも近いので滞在の方は2つ見て周る事もできると思います。



ただ気を付けて欲しいのが治安。



お祭り事で陽気な雰囲気から羽目を外す人が多いのも事実。。



女性は触られて当たり前といった風潮があったり、何かしら犯罪発生します・・・。



大晦日のケルンの事件もありましたし、何等かこの時期は事件があったりするので、
行く方はぐれぐれも気を付けてほしいです。



デュッセルドルフ総領事館からのカーニバルの注意点として安心安全メールが来たので、
長いですが一部転送します。


スポンサードリンク










------------------------------------

ノルトライン=ヴェストファーレン州刑事局等では、カーニバルを楽しむための防犯アドバイスを作成して注意を呼びかけています。以下の点を参考に安全で楽しいカーニバル期間をお過ごし下さい。

【集団による「公共の場での犯罪現象」(例:性犯罪、傷害罪、強盗や窃盗などの財産犯)から身を守るための防犯アドバイス】

○先を見通した行動によって危険を察知し、早期に回避することができます。

○酔っ払いや粗暴な集団など自分にとって脅威となり得る集団に遭遇した場合は、多少遠回りをしても、できる限りその集団を避けて下さい。もし可能で、より安全だと思うなら、人混みから離れて脇に寄り、そのまま目的地に向かって進行しましょう。危険を回避することは臆病ではなく、「常識」です。

○外出時はグループで出かけるとお互いに気を配り、助け合えるので安全です。

○危険な状況だと感じた場合、大声、防犯ブザー及び笛で周囲の注意を引き、第三者に積極的に助けを求めましょう。その際は「そこの青い上着の方、助けて下さい」などと狙いを定めて声をかけましょう。

○危ない時は立ち去るか、より安全な場所に退避しましょう。安全を確保できた時点で、すぐに110番通報してください。

○自分が危険な目に遭っていなくても粗暴な集団や人物を目撃した時は、110番通報をして警察に知らせることを躊躇しないで下さい。

○防犯スプレーなどの「護身用品」の使用について、警察は批判的な見解を持っています。
護身用品を使用する際の不手際や使うまでに要する時間が、自分自身にとって致命的な結果となり得ます。
相手方が「護身用品」を奪い取って、こちらに使用することもあり得ます。
防犯スプレーを人に向かって使用して、相手がケガをした場合は犯罪となり、
自分が捜査対象になることもあります。全ての武器は銃砲規制法によって定められており、
特定の条件下でのみ使用が認められます。
銃砲規制法42条により公共のイベントでは使用が禁止されており、
もし使用した場合は犯罪に関わる問題となります。

【児童生徒や青少年向けの防犯アドバイス】(出典:児童生徒・青少年擁護団体NRW州支部)
○基本的な心構え
・陽気で楽しいカーニバルでも、相手の領域は尊重しましょう。
平和的かつ愉快なお祝いにするために、全ての人々の尊厳と領域を尊重することが重要です。
「Nein」は「Nein」。どんなに人々が密着していても、雰囲気がどれほど浮かれていても、
どんな服装をしていても関係ありません。誰に対しても、どんなときでもそうなのです。
領域を侵すことに言い訳は通用しません。

・公共の場での安全への配慮と措置、危険防止は警察の仕事です。
警察は、例年通りカーニバルのために取り決められた警備方針に従っています。
同時に参加者(保護者)も皆、雑踏の中で、領域を侵す行為が起こる可能性がある場合は、
十分注意し、擁護し、介入することで、その雑踏を子供たちや青少年にとって
より安全なものにすることができます。

・カーニバルでは暴力が様々な形で発生する可能性があります。
その中には、罵詈雑言、殴り合い、強盗、セクハラ及び性犯罪といった不快な行為も含まれます。
こうした襲撃の責任は常に犯人にあります。被害者はそのことに対して責任を感じてはいけません。
これは、特に大晦日の夜に起こった暴力の被害者に対しても言えることです。

・暴力の取り扱いには特効薬がなく、網羅的な防衛策もありません。
それでも青少年たちが、お祭り騒ぎの中でより安全を感じられるように防犯アドバイスをまとめました。

○一緒に出かける人と、行く先や往復路を事前によく検討しておきましょう。
起こり得る危険な状況やその対処方法についてしっかり話し合うことは、行動の安全性を高めます。

○バスや電車の接続を事前に確認しましょう。
公共交通機関を利用する際はなるべく前方の車両に乗車し、
必要な時には運転手に助けを求められるようにしましょう。
タクシーに乗車できる分の現金は持っておきましょう。

○友達同士でお互いに気を付け合い、一人にならないようにしましょう。

○直感を大切にしましょう。危険な状況になるかもしれないという自分の感覚は、ほとんど間違いありません。ケンカ現場などは避けるようにし、その場から脱出しましょう。

○アルコール摂取と酔っ払いには敏感になりましょう。アルコールは自分の知覚を鈍らせ、危険判断や行動能力を制限してしまいます。酔っ払った人は、領域を侵す行為へのブレーキが弱まっています。

○早い段階で助けを求めましょう。近くにいる人に声をかけて、例えば「そこの赤い上着の方、
警察を呼んで下さい」などとどのような助けが必要か具体的に伝えましょう。逃げ込む場所は商店、
ガソリンスタンド、レストランなどが有効です。可能であれば近隣の民家の呼び鈴を鳴らしましょう。

○言葉で嫌がらせを受けたり、身体的に脅かされた場合は、大きな音を立てることで周囲の注意を引きましょう。簡潔な文章で、例えば「Lassen Sie mich in Ruhe」(こっちに来ないで!)などと一貫して
「Sie」を用いましょう。

○催涙スプレーや違法な武器を所持しないようにしましょう。護身用品を奪われて
自分に危険が及ぶことがあります。
第三者からは誰が被害者で誰が加害者であるか判断がつかなくなります。
防犯ブザー(操作することで大きな高い音を出す小さなキーホルダー)を使用することは、
周囲の注意を引き、相手を困惑させ、その状況から逃げ出す時間を稼ぐことができるため有効です。

○他の人が危険に巻き込まれているのを見たら110番通報しましょう。



スポンサードリンク








nice!(0) 

1/28付けデュッセルドルフ総領事館からの安心安全メール [安心安全メール]

以下デュッセルドルフ総領事館からの安心安全メールの引用(一部)


気を付けなきゃですね(;´・ω・)


検証中

スポンサードリンク









------------------------------------------------------------------------------------------

安全安心メール:デュッセルドルフ市インマーマン通りでニセ警官による窃盗事件



1月25日(月)夕方、デュッセルドルフ市インマーマン通りで、男3人組のニセ警官による窃盗事件が発生しました。

犯人の一部は現在も逃走中で、警察が注意喚起と共に事件に関する情報提供を呼びかけています。

お心当たりの方は、デュッセルドルフ市警察刑事捜査32局(電話0211-8700)まで情報提供をお願いします。

デュッセルドルフ市内ではこれまでにもニセ警官による窃盗事件が発生しています。

警察官という身分を無条件に信用したり、必要以上に緊張することなく、相手に警察手帳の提示を求めたり、所属する警察署や氏名を確認するなど冷静に対応するよう心掛けて下さい。

今回の事案概要は以下のとおりです。

25日午後5時45分、49歳の男性が市内のインマーマン通りを通行中、私服警察官を名乗る男3人組に声をかけられ、身分証の提示を求められた。男らは男性から札入れを奪った後、男性を地面に押し倒して逃走したが、犯人の一人は被害者の男性に取り押さえられ、警察官に身柄を引き渡された。

逮捕された47歳の犯人はエッセン出身であったが、身柄を拘束するための十分な理由がなく釈放された。

その他の共犯者や盗品についても、その行方は判明していない。



スポンサードリンク








タグ:ドイツ 注意
nice!(0) 
共通テーマ:旅行
安心安全メール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。